UE4 への移行日記 (8)

アンリアル日記 ― 第 8 日目 (2015/3/9)

UE4 4.7.2 (4 時間)
Google Docs の個人的なメモ

Ludum Dare にまた参加すると言ったのを覚えていますか?覚えていない、ですって?!ちゃんと読んでくださいよー。ともかく、アンリアル・エンジンの Twitch 放送を見ていると、エピックでもジャム (訳注: ゲーム ジャムというコンペティション) を開催していることに気がつきました。LD48 のように仲間どうしの評価方式は取っていない (したがって優秀な作品を評価するのは、アンリアルのチームです) のですが、作品の提出数はまだ非常に少ないようです (最近のジャムでは 200 作品)。

150422-021

LD48 なら 2,000 を超えるエントリがあるため、自分の作品だって簡単に埋もれてしまいます。僕は、UE のこの「公式」ジャムを利用して、練習してみようと目論んでいます。それに、評価を聞くチャンスも増えるし、コミュニティで脚光を浴びないとも限りません。LD に追加してスケジュールを追加することになるでしょう。

アンリアル・エンジンについてはちょっと気がついていたことがあったのですが、このことによってよりはっきりしたと思います。マーケットプレイスはまだ豊富に出品されている状態ではなく、ジャムへのエントリの数がかなり少ないです。つまり、熱狂的かつ小規模独立系デベロッパーが大挙してエンジンを採用している状態にはまだなっていないということなのです。ハツラツとして新鮮なものの一部になるということはとても嬉しいことです。例の「リフレッシュ感」もますます強くなってきます。

ブループリント ― ネットワーキング:サンプルをいろいろ見ているうちに、レベルブループリントという概念に遭遇しました。ところがコンテンツ ブラウザで探してもなかなか見つかりませんでした。これは、あるべきところになかったからなのですが (訳注: UE4 のことなら何でも質問できる UE4 AnswerHub で質問しています。もちろん日本語でも質問できます。)、答えてくださった Snowcrash5 さん、ありがとうございました。

150422-018

ネットワーク ゲームを作成した経験はあまり (本当は、「まったく」) ないのです。教材は自分にとって新しいものが多いのですが、筋道だって分かりやすいものです。ネットワークで作られたジャムのゲームの数について考えてみると、自分で作ってみるのもよい練習になるのではないだろうか。ただ、優先度的にはどうだろうか。

ランドスケープ:コアなブループリントから、少しばかりレンダリングに入っていきます。僕は、Content Examples の配列が気に入っています。(このページで、およその順序立てがされていますが、僕はそれに従って勉強を進めています。

150422-017

ただし、アニメーションから下に向かって進んできたので、いずれ戻らなければならないですが。) Unity ではテレイン (Terrain) を一度も開くことがなかったです。主に、自分のプロジェクトを小規模にとどめておいたせいです。他のプロジェクトで見た出力に打ちのめされるほど感動したということもなかったです。UE4 のテレインは非常に簡単で、Vancouver Film School で学んだことが生きました。つまり、Mudbox/ZBrush でスカルプティングするのに似たテレインのペイント (または高さマップのインポート)、テレインのテクスチャの管理、プロシージャルなフォーリッジのペイントなどです。ペイントされたフォーリッジは 1回の描画コールに集められ、ドキュメンテーションによると、巨大なマップは極めて優秀なメモリ効率のもと生成することができるとのことです。いつか、このことをテストして楽しんでみましょう。あるいは、気味が悪くて尋常ならざるエイリアンのテレインを生成する方法について調べてみましょう。

Landscape-600x290
傑作…ただしマイナス方向の

マチネ:Vancouver Film School では、このアンリアルのムービー作成ツールをいろいろな用途に使用しました。カメラやアニメーション、ライト、イベントを制御して、カットシーンを作成したり、シンプルなカメラベースの遷移を作成することができます。Premiere や After Effects、Fusion といったキーフレーム ベースの動画コンポジション ツールと似ています (Fusion は、クールで自由度の高い、ノードベースの動画コンポジション ツールです。予算的に厳しく、尋常ではない動画編集のワークフローを学ぶ時間に余裕がない方々にお勧めです)。

明日は、12:30 (太平洋標準時) からアンリアルが Twitch チャンネルでライブのトレーニング セッションを開催します。できるだけ多く参加しようと思います。時間はあるのですから。

About なつのや

アンリアル・エンジン 4 を基礎から勉強するためのサイト「UE4 の学び部屋」を開いています。どうぞよろしくお願いいたします。
Diary, UE4 情報

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>