ブループリント クイックショット④ 物理アクタをスポーンさせる

ビデオの内容紹介 
物理をシミュレートするアクタをスポーンさせる簡単な方法を紹介しています。後半は、特定の場所にアクタをスポーンさせる方法も紹介しています。

原題 Unreal Engine 4 Blueprint QuickShot – 4 – Spawning Physics Actors

実行すること①
物理をシミュレートする (物理法則に従う) アクタをスポーンさせて、落下させます。

スロー 
まず、Props フォルダの SM_CornerFrame を右クリックして
401
Create Blueprint Using… (このアクタを使ってブループリントを作る) をクリックします。
402
名前を PhysicsBox とします。
403
ブループリントエディタが開かれるので、Details (詳細) タブの Physics (物理) で、Simulate Physics (物理をシミュレートする) にチェックを入れます。
404
レベルエディタに戻り、コンテンツブラウザで Blueprint フォルダをクリックして PhysicsBox をビューポートにドラッグアンドドロップし、やや高いところに移動しておきます。
405
406
これで、レベルエディタでツールバーの Simulate (シミュレート) をクリックすると、(物理法則をシミュレートするように) アクタが落下します。

実行すること②
キーボードの G キーを押すと、任意の地点にアクタをスポーンさせて、物理をシミュレートさせる (この場合、落下させる)。

完成グラフ
407

スロー 
レベルエディタの Modes (モード) パネルで左端のアイコン (Place 配置する) にした状態で Target Point をビューポートにドラッグアンドドロップします。
408

レベルエディタのツールバーで Blueprints をクリックして、Open Level Blueprint (レベル ブループリントを開く) をクリックします。
409

ブループリントエディタが開かれるので、そこに「完成グラフ」のように組みます。

注意事項
① TargetPoint は、次のように、レベルエディタの Scene Outliner からドラッグアンドドロップします。
410

② ビデオで使用されている Spawn Actor from Blueprint がないので、それと同等の Spawn Actor from Class を使用します。

③ Spawn Actor from Class の Class では、先に作っておいた PhysicsBox_C を選択します (選択できるようになっています)。

ブループリントの意味
G キーを押すと、SpawnActor が発動します。たったこれだけです。SpawnActor はその名のとおりアクタをスポーン (出現) させます。スポーンさせるアクタの位置は Spawn Transform (スポーンのトランスフォーム) につながれている Get Actor Transform (アクタのトランスフォームを取得する) から得ています。この Get Actor Transform のターゲットは TargetPoint3 となっているので、結局、TargetPoint3 の位置にアクタがスポーンすることになります。

実行結果
Play をクリックして、G キーを押すと次のようになります (何回も連打しています)。
411

今回はこれにてお終いです。ありがとうございました。


About なつのや

アンリアル・エンジン 4 を基礎から勉強するためのサイト「UE4 の学び部屋」を開いています。どうぞよろしくお願いいたします。
ブループリント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>