Paper 2D 入門 (1) 概要

ビデオの内容紹介 
これから Paper 2D の使い方の基礎を学んでいきますが、その前にどのようなことを学んでいくかざっと紹介しています。非常に短い内容です。

原題 Introduction to Paper 2D: Overview

学ぶべきポイント
UE4 には次のような Blueprint 2D Side Scroller テンプレートが用意されています。
1001

1002

1003

チュートリアルでは、これを使うのではなく、まったくの Blank テンプレートから始めます。すなわち、上の Blueprint 2D Side Scroller のようなものを最初から作り上げることになります。

主に、マテリアルの作成、スプライトの作成、フリップブックの作成、フリップブックの設定について勉強します。

もっと詳しく紹介すると次のようになります (この後に続くチュートリアル ビデオの順序どおりです)。

プロジェクトのセットアップ
Blank から作ります。テクスチャは用意されているものが使えます。用意されているテクスチャを使ってマテリアルを設定し、スプライトを作成して土台などにします。(下の画像はチュートリアルから採ったものです。このプロジェクト作成画面は使用しているエンジンのバージョンによって多少異なりますが、チュートリアルを実践する上では問題ありません。)
1005

プラットフォーム スプライトの作成
背景にもプラットフォーム (足場) はいくつか見えますが、これはあくまでも飾りであって、実際にキャラクターとインタラクトできる (コリジョンする) プラットフォームを作ります。
1006

フリップブックの作成
フリップブックはキャラクターのアニメーション (の代わり) として使われるものです。原理的にはパラパラ漫画と同じです。待機中と走る動きについてフリップブックを作ります。
1007

キャラクターの初期設定
青い人のための初期設定を行います。コリジョンの範囲、カメラの位置、スタート位置などを設定します。
1008

キャラクターの動きを設定
キャラクターの動きとキーのマッピングなどを行います。
1009

キャラクターのアニメーションの制御 (基本)
キャラクターが動いているかどうかでフリップブックを選択するように設定します。
1010
キャラクターのアニメーションの制御 (ステート マシーン)
上は、動いているか否かで制御されていましたが、それだけでは制御できないアニメーションを扱います。キャラクターの状態 (ステート) に合わせてフリップブックを選択するようにします。
1011

自動で動くリフトの作成
リフトの上下動の範囲、キャラクターとぶつかった場合の動作、移動速度などをあらかじめ設定することができます。
1012

以上のことを、これまで学んできたことを利用しながら (確認しながら) 取り組んで行きます。

今回はここまでです。また次回よろしくお願いいたします。




About なつのや

アンリアル・エンジン 4 を基礎から勉強するためのサイト「UE4 の学び部屋」を開いています。どうぞよろしくお願いいたします。
Paper 2D

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>