UE4 エディタ⑧ オブジェクトをスケーリングする

ビデオの内容紹介 オブジェクトを拡大縮小する方法について学びます。移動や回転と同じように方向軸やグリッド合わせを利用するので、とても簡単です。これも短編です。

キーワード スケーリング(scaling): 拡大または縮小することです。

原題 UE4 Editor – 8 – Scaling Objects

オブジェクトをスケーリングする方法 (0:20)
スロー ビューポート内右上アイコン群左から3番目をクリック(またはキーボードのRキーを押す) → 3つの方向軸のどれかをマウスオーバーして黄色にする → そのままつかんでドラッグ

2方向に同時にスケーリングする方法 (1:12)
スロー 方向軸と方向軸の間をマウスオーバーしてそれらの方向軸を黄色くする → そのままつかんでドラッグ

3方向に同時にスケーリングする方法 (1:27)
スロー 3本の方向軸がが交わっている白い部分をマウスオーバーして黄色にする → そのままつかんでドラッグ

メモ これは、形をいびつにすることなく、均等に拡大、縮小したいときに便利です。

スケーリングの分量を調整する方法 (1:45)
スロー ビューポート内右上アイコン群右から2番目の値を変える

オブジェクトを無断階にスケーリングする方法 (2:05)
スロー ビューポート内右上アイコン群右から3番目を無効にする(色がついていない状態にする)

メモ これによって、スケーリングのためのグリッドに合わせることがなくなり、無断階で拡大縮小できるようになります。

方向軸を使わないでスケーリングする方法 (2:25)
スロー 「詳細」/Transform/スケールの値を変える

メモ ①元の倍率に素早く戻すには、この値を1にします。
②スケーリングは常にローカル空間で行います。だからビューポート内右上アイコン群左から4番目は常に箱のアイコンになっています。

今回はこれにて終了です。お疲れ様でした。



About なつのや

アンリアル・エンジン 4 を基礎から勉強するためのサイト「UE4 の学び部屋」を開いています。どうぞよろしくお願いいたします。
エディタ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>